« 【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」 | トップページ | パリス昼豚の5万円FX »

2017年4月12日 (水)

朝活FX










火・水・木・金曜日の週4日間、

朝7時15分の定時エントリー情報を、

電子メールであなたに配信いたします。

こちらからあなたにメールを送信するタイミングは、

エントリーの約5~10分前を予定しています。



実際にあなたに配信が届く時間は、

メール配信システムの混雑状況等で多少変わりますが、

99%以上の確率で7時15分前には届くことと思います。



なお、年末年始の配信はお休みさせていただきます。

ご了承ください。









配信内容は、

「ポンド円」「ユーロ円」「米ドル円」

の3つの通貨ペアについて

「buy(買エントリー)」

「sell(売エントリー)」

「見送り」

のいずれかを表記いたします。



また同時に、

リミットとストップの値も表記いたします。



なお、「通貨ペア」と

「リミット・ストップの値」については、

相場の状況等により、変わることもございます。

ご了承ください。









あなたは、配信されたエントリー情報に従い、

朝7時15分頃を目安に、

成行でエントリーする形になります。



エントリーする時間は、

7時15分 から 7時30分 の間であれば、

年間トータルで見て、成績に大差はございません。









成行エントリーをした後、約定価格を基準にして

OCO決済注文でリミットとストップの注文を入れます。



具体的な例を以下に示します。



 例1)GBPJPY buy (+100)(-100)



 例1)の解説

 通貨ペアは「ポンド円 (GBPJPY)」です。

 朝7時15分~30分の間に、

 成行で買いエントリー (buy) をします。

 エントリー後、約定価格

(エントリーをした時の価格)を基準にして、

 100pips上にリミット決済注文を、

 100pips下にストップ決済注文を

 入れる形になります。

 もし仮に、約定価格が1ポンド 170.000円ならば、

 リミット決済注文は 171.000円に、

 ストップ決済注文は 169.000円に入れます。

(ポンド円の場合、

 小数第2位がpipsの1の位になります。)







 例2)EURJPY sell (+50)(-50)



 例2)の解説

 通貨ペアは「ユーロ円 (EURJPY)」です。

 朝7時15分~30分の間に、

 成行で売りエントリーをします。

 エントリー後、約定価格

(エントリーした時の価格)を基準にして、

 50pips下にリミット決済注文を、

 50pips上にストップ決済注文を

 入れる形になります。

 もし仮に約定価格が1ユーロ 140.000円ならば、

 リミット決済注文は 139.500円に、

 ストップ決済注文は 140.500円に入れます。

(ユーロ円の場合、

 小数第2位がpipsの1の位になります。)





なお、「見送り」と表記された場合は、

文字通り「見送り」でエントリーしない形になります。



弊社では、あなたがリミットとストップの

価格計算を間違えないように、

エクセルによる「リミット・ストップ計算表」

を用意しております。

約定価格を入れると自動的に

リミットとストップの価格がわかるようになっております。

下の文字をクリックするとすぐにダウンロードできます。

なお、エクセル97以降のバージョンで動作確認済みです。







>>>朝活FX




















« 【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」 | トップページ | パリス昼豚の5万円FX »

株・FXで儲ける」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト